発 端

昭和61年11月22日、東京赤坂の料亭『川崎』で宴席が設けられました。
椎名法宣師(故人/椎名法昭氏のお父様)と阿部法胤師(故人/日顕猊下のお父様)との合同主催による「古稀の祝い」の席で、日顕猊下は、そこに招かれてご出席なさいました。

日顕猊下 「芸者遊び」でない証拠写真 「主賓として招かれた一般の宴席」

創価学会は、平成4年11月以降、会員向け機関紙上に出所不明の宴席写真を掲載し、そこに写っている日顕上人猊下が、「芸者遊び」に没頭して満悦しているとして罵り、下劣きわまる誹謗中傷を繰り返しました。
いわく、 「日顕(上人)が芸者をあげて放蕩三昧している写真」「堕落した行体」「遊蕩と邪淫」「放蕩写真」「芸者遊びにうつつをぬかす者」「芸者清け」「芸者衆を侍らし悦に入っている。一夜、数百万円の戯れである。…日顕(上人)は骨の髄まで腐敗している」「これだけの芸者をはべらして写真に納まるには、相当な花代が芸者にわたっている。そもそも芸者が簡単に写真に納まるはずもなく……」「放蕩法主・日顕芸下」「日顕(上人)が欲すはカネ、酒、色の堕落道」「はしために酒の相手をさせるどころか、自分の方から出掛けて行って、遊び狂っている」「日顕堕落宗」「遊蕩魔の地獄遊びの姿」「これぞ極めつけ『ワシ、もう成仏しそう』」。

こうした悪口雑言の”証拠写真”として、2枚の写真が『創価新報』紙上に大々的に掲載されました。

この悪辣きわまる記事に対して日蓮正宗法華講側は、これらの写真には不自然な個所が見受けられる点を指摘し、合成などのあからさまな捏造が加えられていると疑われるとした上で、写真の出所を創価学会側に糾しましたが、創価学会側はこれを拒否しました。

それに対し法華講側は、「なぜ写真を撮影した日時と場所を隠すのか。偽造ではないと言うなら、その日時と場所を明らかにせよ」と迫りました。

策に窮した創価学会が明かした「場所と時間」

法華講側の追求に窮した創価学会は、離脱僧・椎名法昭氏を頼み、聖教新聞紙上で、その撮影日時等を”証言”させてしまいました。
この報道によって、これらの写真が、上掲の古稀のお祝いの席のものであることがはっきりしたのです。

そうなると、”変造前の写真”を出してくることは容易でした。
下の左側が真正の写真で、右側の写真が創価学会が変造した写真です。
つまり、変造することで、まったく”意味”の違う写真が出来上がったのです。

 真正写真1(原版1)   
変造写真1


平成4年11月4日発行の『創価新報』に、上の右側の変造写真(変造写真1)が掲載されました。

『創価新報』はこの写真について【得意のポーズでご満悦―。出た、日顕の『芸者遊び』写真 】とコメントし、大見出しで、【日顕が欲すは「カネ、酒、色」の堕落道 まだ信伏随従するのか 芸者の世界は日顕の『心の故郷』!? 政子が止めても『酒はやめられない』 】と得意げでした。

さらに、写真説明として、【お待たせしました!またまた出ました、日顕の『芸者写真』!! 今度は日本髪の芸者さんを前に、一本指を立ててお得意のポーズ。何とも楽しそうな顔だ。】などと下卑たコメントを連ねました。

【ああ、希代の遊蕩坊主・日顕。そして、好色の教団・日顕宗。】と結び、自分たちの偽造した写真を堂々と報道したのです。

しかし撮影日時等が明らかになったことにより、この変造写真の原板が発見されました。
それが真正写真(1)です。

真正の原版写真と、上の学会の偽造写真との最大の違いは、猊下の奥に写っている人物を跡形もなく消そうとして、全く別物の背景を重ね合わせて、変造してしまっている点です。
これについて離脱僧・椎名法昭氏は、「実は日顕(上人)の奥にもう一人僧侶が写っているんです。しかし、その人に迷惑がかかるといけないので、これは新聞に出す時はその人を消してくださいと頼んだんですよ」と見え透いた言い訳をしました。

普通、人物を特定されたくないときには、アイマスクと呼ばれる黒い長方形で目を隠せば済みます。

つまり、椎名氏の発言は明らかな言い逃れで、実のところ、日顕猊下がただお一人で、芸者をはべらせた宴席に興じるという図にしたかった意図は明白です。
そのほかの御僧侶のお姿も全て消してあることからしても、それ以外の意図、目的は考えられません。 ところが創価学会も、「【芸者写真は偽造】なる宗門側の主張は、明らかに事実の歪曲です。『創価新報』に掲載された2枚の芸者写真は、たしかに一部修正されてはいました。しかしその修正とは、宗内にいる写真提供者の身の安全に配慮したトリミング(他の宴席出席者が写った部分の削除)や、芸者衆のプライバシーに配慮してのアイマスク(目の部分を線で隠す)であり、報道倫理上、むしろ好ましい修正で」などと、白々しいトボケを演じました。

そもそも、「トリミング」とはカットオフのことであり、塗りつぶしをトリミングとは呼びません。

第二の偽造写真

 真正写真2(原版2)   
変造写真2


そして次に、平成4年11月18日付の『創価新報』に掲載されたのが上の右側、「変造写真2」です。 『創価新報』はこの写真についても、【この日は特に興に乗ったのか、一座と写真に納まる大サービスぶり。脂(やに)下がった顔での『記念撮影』と相成った次第です。】と臆することも知らずにこき下ろし、大見出しには、 【えっ、これじゃ『日顕堕落宗』? 猊座の後はここにキマリ 猊座がなくても『芸座があるサ』これぞ極めつけ「ワシ、もう『成仏』しそう」】と、目を覆わんばかりの雑言を連ねたのです。

【だって猊座を追われてもワシにはちゃんと別の『芸座』があるからね。】 などと結び、2枚目の偽造写真を掲載しました。

創価新報 捏造写真 「真正写真2(原版2)」と見比べると分かるように、さきの創価学会の言い訳に見られる「トリミング」が施されています。

そして、「変造写真1」に見られるような背景の差し替えなどは行なわれていません。
つまりただ左右を切り落としただけのものです。

しかしながら、左右を切り落としたのにも”理由”がありました。
この左右を生かしてしまうと、2人の御僧侶のお姿が見えてしまい、「お一人でいかがわしい芸者遊びをしにきた猊下」を印象付けることは困難になります。

創価学会は、この「変造写真2」を使って、卑劣な”目くらまし作戦”に出ました。
平成5年2月17日付の『創価新報』で、最初の「変造写真1」の原版を掲げ、上の「トリミング写真(変造写真2)」とともに改めて掲載したのです。

「これぞノーカット版」「これでも偽造写真と言うか!」 などと得意になって言い放ちました。

背景を差し替えていた「変造写真1」の原版を載せることで、正々堂々とした嘘偽りのない印象を与えつつ、恣意的なトリミングを施した「変造写真2」を、「芸者との記念撮影」と強調して見せたのです。

創価学会の卑怯な点は、”本物の写真”を改めて見せ、それと抱き合わせの「変造写真2」は立派な「変造写真」であることです。
「ノーカット版」はこれまた大ウソということになります。

古稀の祝 全体写真さらに創価学会は、真正写真の下部にある「椎名法宣・阿部法胤 古稀記念」の文字を故意に削除し、さらに出席者にアイマスクをして誰が出席しているのか分からないようにしています(左の写真)。

しかしながら、この”全体写真”に写っているのは、猊下ご夫妻以外にも、9人もの御僧侶と奥様方なのです。
そんな席で、人が眉をひそめるようないやらしい芸者遊びなど、できようはずもないではありませんか。

さらに創価学会は、当日の主催者について、 「日顕(上人)が二人を呼び、古稀の祝をして何の不思議が あろうか。日顕(上人)が主催者である可能性は充分にある」など、きわめて無理のあることを言い張って見せました。

「真正写真2」に見えるとおり、法席上位の椎名法宣師と阿部法胤師が、法席下位の須賀法重師よりも下座に座っています。これは主催者だからであり、そうでなければ御宗門において、このように席次が入れ替わることはあり得ないのです。

控訴審でも「違法性を有する」 しかし損害賠償認めない不当な判決

平成15年12月5日、東京高裁813号法廷(鬼頭季郎裁判長)で、偽造写真事件の控訴審判決が下されました。

この裁判は平成14年12月、創価学会による「芸者写真」捏造、およびそれを基にした池田大作氏の誹謗中傷発言などの名誉毀損行為に関し、東京地裁から、 「その違法性は社会通念上けっして容認できない程度に至っていることは明らか」 「名誉毀損の成立は妨げられない」として、総額400万円の損害賠償を命じられた池田大作氏と創価学会が、これを不服として控訴していたものです。

この裁判における最大の争点は、創価学会による「偽造写真という虚偽まで用いての誹謗・中傷」が、名誉毀損という違法行為にあたるか否か、ということでした。

古稀の宴席に、夫人同伴で招かれた際の日顕上人猊下の写真を改ざんし、あたかも、猊下がただお一人で、いかがわしい芸者遊びをしていたかのごとき偽造写真を作った上で、「ああ、希代の遊蕩坊主・日顕(上人)。そして、好色教団・日顕宗」などと、日顕上人はもちろんのこと、日蓮正宗に対しても誹謗中傷を重ねた、池田大作氏ならびに創価学会の違法性を問うたのです。

鬼頭裁判長は判決文で、 「写真を見た者に対し、阿部日顕(上人)一人が酒席で芸者遊びをしているとの、実際の情況とは異なった印象を抱かせるのに十分であり、これをもって客観的な報道ということはできず、修正の限度を超えている」、 「(『創価新報』の報道は)正当な言論や評論の域を超え、単に阿部日顕(上人)を揶揄(やゆ)し、誹謗、中傷するものとして、違法性を有するものというべき」 と、東京地裁よりもさらに明確な表現で、池田創価学会の行為が違法行為であることを認めました。

ところが、鬼頭裁判長は、その一方で、『創価新報』の報道ならびに池田大作発言等における名誉毀損行為は、あくまで日顕猊下個人に対して行なわれたものであり、日蓮正宗および大石寺を非難・中傷したものとは認められないとして、一審判決をくつがえし、日顕猊下個人が原告になっておられなかったことをこれ幸いとばかりに、原告たる日蓮正宗および大石寺の損害賠償請求を棄却してしまったのです。

これでは、違法性が明白であるのに、無理矢理に池田大作・創価学会を勝たせようとした不当判決と言わざるを得ません。

日顕猊下個人に対する名誉毀損は、そのまま日蓮正宗および大石寺の名誉毀損であることは、社会通念上当然至極のことではありませんか。
しかも、創価学会は日蓮正宗をも「日顕宗」などと言って、直接名誉毀損報道をしていた事実があり、その一連の誹謗中傷の流れの中にある事件なのです。

今回の判決は、日蓮正宗側にとって「勝負に勝って試合に負けた」というようなものです。
しかるに創価学会は、損害賠償を免れたことのみをことさらに取り上げ、『聖教新聞』等で「全面勝訴」と大はしゃぎして見せました。

民事訴訟なのですから金を取られなければ確かに”勝ち”です。
しかし、写真は捏造だったし、裁判所もその点は厳しく指摘しています。
「違法性を有する」との判決文は、けっして軽いものではありません。

そして何よりも、この記事をご覧になった方は、創価学会という団体は、敵を貶めるためにはたとえ法を犯してでも、真っ赤なウソを仕立て上げてでもという、目的のためなら法をも犯す”犯罪集団”だということがお分かりいただけたことでしょう。

このページの先頭へ