ご相談・お問い合わせはお気軽にお電話で!

入信をしつこく強要したりすることは一切ありません。

私たちの第一の目的は、「あなたに正しい情報を知っていただくこと」です。


また、入信を考えている方には、次のことをお約束することができます。
日蓮大聖人の唯一正統な仏法を受持すれば、
○ あなたの生命が正しく成長し、充実した人生を送ることができます。
○ 今どんな不幸や苦悩があっても、必ず乗り越えられるという勇気とエネルギーを得られ、人生のすべての課題に挑戦して克服することができます。
○ あなたの大切な方々へも、仏様の功徳を分けてあげることができます(故人も含みます)。


電話番号は、
能安寺: 04-2949-0697
信徒代表: 090-8085-7606
      090-1619-3136


暗号化メールフォーム
メールだけでは話がうまく通じない場合があります。なるべく電話をご利用ください。

よくあるご質問(FAQ)

創価学会をやめるには、どうすればよいのですか?

創価学会をやめるのは、まったくの自由であり、会則にも法律にも、やめるに際しての義務や条件は定められていません。要するに、ただ行かなくすればよいのです。
ただし、うるさくつきまとわれることも多いので、至急法華講までご相談ください。こちらへの入信を強要することはありません。また、不必要に強引な対応をお勧めもしません。あなたのご事情にそぐわしい対応策を提案いたします。
本尊の処分についても、ひじょうに大切なことですから、必ず法華講にご相談ください。

日蓮正宗については、悪いうわさが多いので深くかかわるのは気が引けますが?

悪いうわさとはどんなことでしょうか。猊下や御僧侶の悪行、無慈悲な振る舞いのことでしょうか。法華講に行くと異常なノルマを負わされ、大変な目にあう、などという話でしょうか。それらのほとんどは、学会の作り話です。あなたはご自身でそのような光景を見たことがありますか。学会は、会員が法華講に行って敵に回るのがいちばん怖いので、そのようなウソで足止めをしようとするのです。事実、御山を見てすぐに法華講に入った人が少なくありません。
あなたにとって最も大切なことは、正しい功徳の根源がどちらにあるかを、あなたご自身で確かめることだと思います。

創価学会に功徳がないのは百も承知ですが、日蓮正宗がそんなに素晴らしいところとは思えません。

それは、あなたがまだ本当の功徳を味わったことがないからだと思います。大御本尊が功徳の根源ですから、自ら望んで大石寺を捨てた池田先生でさえ、「信心の根本は大御本尊」と言って、会員の心を引き止めようとせざるを得なかったのです。創価学会ではかなり昔から、本当の功徳を知らない池田先生という人がリーダーだったため、功徳観がその本質から離れている傾向も見られます。ぜひ、今も変わらない大御本尊の御功徳を、あなたも実感してみませんか。

日蓮正宗を否定するつもりはありませんが、創価学会だって真剣にやっていれば良いのではないですか?

いいえ、それは違います。毒は、それを毒と知って飲んでも、薬と思って飲んでも、効果は同じです。今の創価学会は、日蓮大聖人や大御本尊を知っているのに、実際には仏様に背反する教えをしているので、一見良いことのように見えたとしても、それは毒を薬と偽って会員さんに飲ませる行為になっているのです。飲まされるほうはたまったものではありませんが、騙されているうちは、薬だと思って、ありがたいと思って、笑って飲んでいるうちに死ぬのです。今こそあなたも、大聖人のお説きになった「三証」に基づいて、宗教の正邪を分別してみてください。

学会をやめたいのですが、なぜか心が鈍って思うように考えがまとまりません。

はい、無理もないことだと思います。それは魔の働きです。魔は私たちの心に入って思考を鈍らせたり、誤らせたり、不安を抱かせたりするのです。そういうときこそ、まず行動してみましょう。
学会員さんに最も足りないのは、”外部からの情報”です。法華講に何でもご相談ください。日蓮正宗は、大聖人があなたに語りかける、本当の幸福への道場です。ぜひ一度ご相談ください。

御書を読めば学会がいかに誤っているかがわかると言われますが、学会では御書を教えないので、正直なところチンプンカンプンです。

はい、無理もないことだと思います。読めばわかってしまうから、あまり教えたがらないのです。たまさか御書のトンデモ解釈をして見せる学会ですが、苦手意識の上にそれを投げかけても、会員さんは「そんなものなのかな」くらいで止まってしまい、学会に都合の良い結論だけを信じてしまう、という図式になっています。
御書に対する苦手意識があっても、正しい信仰をする上で大きな障害にはなりません。日蓮正宗の日ごろの教えには、御金言がしみこんでいるからです。そもそも、御書は在家信徒へのお手紙たりとはいえ、日蓮大聖人の甚深の御悟りが基になっているので、少々読みかじるくらいで真の意味が理解できるとは思えません。だから御僧侶が必要なのです。御僧侶は教義の専門家ですから、その方々を差し置いて、在家が御書を教え、まして葬儀をやろうなどとは、およそインチキな宗教です。

私ではなく、家族や友人を学会から救い出したいのですが、協力してもらえますか?

はい、もちろん喜んでご協力します。ただ、学会には魔力がありますから、なるべく早くご本人にお会いしたいですね。
それに至るまでの対応策を、あなたのお話を伺った上で考えていきたいと思います。

もうどんな宗教もやりたくないのですが、脱会にだけ協力していただけますか?

はい、もちろん結構です。学会をやめることが第一です。
あなたは、真実の教えの功徳を実感したことがないので、ただ嫌な思いだけが残っているのだと思います。もちろん学会に功徳なんてありませんから、今すぐ脱会して、それからもし気が向いたらお寺のもちつきにでもいらしてください。
特にニセ本尊は、家にあるだけで不幸を呼びますので、しっかりした対処が必要です。

顕正会や統一教会など、学会以外の脱会相談も受け付けていますか?

はい、もちろん受け付けています。あなたのお話を伺った上で、最良の方法をご提案できればと思います。

このページの先頭へ